コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

自閉症治療にホルモン有効=長期投与で初確認-金沢大など(時事通信)

 自閉症患者のコミュニケーションに関する障害が「オキシトシン」というホルモンの長期投与で改善された症例を、金沢大子どものこころの発達研究センターなどが初めて確認し、23日発表した。オランダの科学誌ニューロサイエンスリサーチ5月号に掲載される。
 同センターによると、同大付属病院に通う自閉症の20代男性は2008年6月から15カ月間、1日2回オキシトシンの投与を受けた。4日目に効果が確認され、「相手の目を見る」「簡単な質問に答える」など症状の改善が見られたという。 

【関連ニュース】
若年パーキンソン、仕組み解明=小器官の「不良品」蓄積
免疫細胞の制御遺伝子特定=難病の治療法に道
のり食べる生活に適応=日本人の腸内細菌群
巨大粒子雲も宇宙線放出か=証拠となるガンマ線観測
神経形成を促進する機能も=温度感知たんぱく質

レトロビル 華麗なる変身 築半世紀、「ホステル」に改修(産経新聞)
「首長新党」と連携も=前原国交相(時事通信)
自殺未遂で入院、高額な医療費… 長男刺殺の母(産経新聞)
JR沿線で火事 41本運休 四條畷片町線(産経新聞)
損保代理店が2600万円詐取=架空の金融商品で-東京海上(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

八王子駅ビル殺傷で元会社員が懲役30年 東京高裁(産経新聞)

 東京都八王子市の京王八王子駅ビルで平成20年7月、中央大の女子学生ら2人が死傷した無差別殺傷事件で、殺人などの罪に問われた元会社員、菅野昭一被告(35)の控訴審判決公判が14日、東京高裁で開かれた。植村立郎裁判長は、求刑通り無期懲役を言い渡した1審東京地裁立川支部判決を破棄、「被告に精神遅滞があったことを考慮すれば、無期懲役は重すぎる」として懲役30年を言い渡した。

 1、2審を通じた争点は刑事責任能力で、弁護側は「精神遅滞などで、被告は心神耗弱状態にあった」と主張していた。

 植村裁判長は、責任能力を認めた1審と同様に「犯行当時、自己の行動を制御する能力はあった」として心神耗弱にはあたらないと判断した。一方で、「責任能力を減退させる精神遅滞があった」と指摘、計画性についても「当初から無差別大量殺人として2人以上の殺害を計画していたとは認められない」として減刑した。

 判決によると、菅野被告は20年7月22日夜、駅ビル内の書店で客の女性=当時(21)=に包丁で切りつけて重傷を負わせた上、アルバイト店員の中央大4年、斉木愛(まな)さん=当時(22)=の胸を包丁で刺し、死亡させた。

【関連記事】
八王子駅ビルの無差別殺傷で無期懲役 「秋葉原のような大事件を起こせば両親が困る」
八王子の無差別殺傷事件で、無期求刑
宇治の小6女児殺害、学習塾に約9800万円の賠償命令
コンクリ投下男に懲役9年 「覚醒剤で心神耗弱」 さいたま地裁
大阪と京都で3人を刺した石津被告に懲役20年
外国人地方参政権問題に一石

<JR脱線事故>9割「報告書に不信」…遺族らにアンケート(毎日新聞)
参院千葉に水野前議員=21日に出馬要請-みんなの党(時事通信)
助産所の第三者評価を開始(産経新聞)
【私も言いたい】「郵政改革案」 「民業圧迫だ」7割に(産経新聞)
アイスランド噴火で成田発着22便が欠航(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ものつくり大の学生が振り込め詐欺疑似体験ソフトを試作(産経新聞)

 ものつくり大学(埼玉県行田市)の製造技能工芸学科の学生が、振り込め詐欺被害の疑似体験ができるシミュレーションソフトを試作した。14日には実際に高齢者がソフトを体験、「わかりやすい」と評判は上々だった。

 このシミュレーションソフトは、いわゆる「オレオレ詐欺」の電話が自宅にかかってきたと想定、その場で適切と思う対応を選んでいき、振り込め詐欺への対応力が100点満点で採点されるしくみだ。

 ソフトを開始すると、「相手はかすれた声で『もしもし、母さん?』と聞いてきました」という状況がパソコン画面に表示される。そこでの対応として(1)「太郎かい?風邪?」(2)「どちらさまですか?」の2つが提示され、適切と思う方を選ぶ。正解はもちろん(2)だが、こうした選択を通じてゲーム感覚で適切な対応を学ぶことができる。

 埼玉県警は14日、ソフト作製に携わった学生9人に感謝状を贈呈するとともに、県老人クラブ連合会会員約60人を対象に、実際にソフトを活用した防犯研修会をさいたま市内で開催した。

 会員らは慣れないパソコン操作に苦戦しながら振り込め詐欺を疑似体験した。惜しくも80点だった杉戸町の小川トモ子さん(81)は「あわててしまい間違えてしまった。これからもいろいろ参考にして気をつけたい」と振り返った。

 製作に携わったものつくり大3年の佐藤慧さん(20)は「高齢者でもわかりやすいようにシンプルさを心がけた。自分の祖母もひっかりそうになったことがあり、少しでも被害を減らすのに貢献したい」と話した。

 ものつくり大では今後、架空請求や融資保証などの詐欺の手口も疑似体験できるソフトを作製していくという。県警は講習会などでこのソフトを活用、注意を呼びかけていく方針。

【関連記事】
またも岩槻で銀行協会詐欺… キャッシュカード4枚手渡し、112万円被害
振り込め詐欺で2千万被害 80代男性、孫装った男に
警官装い「事件の証拠品として預かる」 忘れ物の免許証詐取した男逮捕
振り込め詐欺被害防止に向け 埼玉県警が銀行で“抜き打ちテスト”
振り込め詐欺「キング」に懲役20年 東京地裁

<村本さん死亡>遠距離から銃撃 威力大きい実弾(毎日新聞)
エプソンのパソコン発火の恐れ、無償修理(読売新聞)
男児十数人に性的虐待 養護施設の男性指導員(産経新聞)
NPOに評価基準=競争促す-民間検討会(時事通信)
<訃報>ばばこういちさん77歳=放送ジャーナリスト(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<転落>採光用天窓から、小3男児重傷 鹿児島・霧島(毎日新聞)

 8日午前10時50分ごろ、鹿児島県霧島市溝辺町の市立陵南小(和田敏郎校長、329人)で、3年生の男子児童(8)が屋上の天窓から約4.6メートル下の3階廊下に転落、頭の骨を折る重傷を負った。県警霧島署は、業務上過失傷害容疑も視野に、転落の原因を調べている。

 同署などによると、天窓は採光用で約1メートル四方。高さ約40センチのコンクリートの土台にはめ込まれ、アクリルとガラス、金網の3層構造だった。男児は、屋上から街の景観を見る社会科の授業中で、担任の男性教諭や級友32人と一緒に屋上に出ていた。転落した男児など数人が天窓に乗るなどしていたという。

 県教委は、東京都杉並区の小学校で08年6月に男児が天窓から転落死した事故に伴う文部科学省通知を受け、天窓の周囲に防護フェンスや落下防止ネットなどの安全対策を求めていた。だが同小は普段、屋上を立ち入り禁止にしていたため、こうした措置をしていなかった。和田校長は「十分に注意すれば大丈夫と思っていた。監督不行き届きで申し訳ない」と話した。【村尾哲、福岡静哉、川島紘一】

【関連ニュース】
天窓転落:校長ら略式起訴 杉並の小学校
東京・杉並の小6転落死:校長ら2人を略式起訴
転落:七尾で女子生徒、3階から転落 あご骨折の重傷 /石川

<自民>園田氏の後任に河野氏(毎日新聞)
出会い系利用料名目で詐取 大阪府警容疑で5人逮捕 被害2億円か(産経新聞)
核密約問題 佐世保市長が首相に質問状(産経新聞)
水道管耐震化34%、ライフライン確保に課題(読売新聞)
ライター部品か、金属片二つ発見…4児焼死(読売新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

横浜「喫煙可」のホテルバー 県が指導を通知(産経新聞)

 館内のバーのひとつを喫煙ができるようにしている横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ(横浜市)に対し、神奈川県が近く、禁煙にするよう指導するとホテルに通知していることが2日わかった。神奈川県は、他人のたばこの煙を吸い込む健康被害を防止するため、県内の公共的な施設を原則禁煙とする全国初の受動喫煙防止条例を制定し、1日から施行している。

 このバーはホテルに3階にあるメインバー「ベイ・ウエスト」。ホテル内は原則禁煙で、喫煙者のためには専用の施設を設置するなどの対応をしているが、このバーはふだんから6割が喫煙客であることから、条例施行後も喫煙可能とした。

 県の条例では、病院や学校などの施設は全面禁煙が義務づけられている。飲食店、旅館などは小規模店や風営法対象店をのぞき、禁煙か、禁煙エリアに煙が流れ出ないような設備を整える完全分煙かの選択を義務づけられている。違反した場合には、喫煙者本人なら2万円以下、施設管理者なら5万円以下の過料が適用されるが、飲食店、旅館などについての過料は適用が1年先の来年4月からとなる。このためバーやバーで喫煙した個人についても、ただちに過料適用とはならない。

 このバーも来年4月には禁煙にする方針で、「それまでの間、来店客には条例の趣旨の周知を進め、来年以降、店内が禁煙になることについての理解も促す」といい、県に対しても店としての方針を説明するとみられる。

 県は今月中旬以降、県内の商店街を中心に見回りを実施して状況把握につとめる。違反事例には改善を促していくという。また巡回とは別の場面で違反事例を把握した場合などは、その場で指導をしていくという。

 神奈川県によると、すでに過料適用の対象となる学校や病院などの公共施設については「これまでのところ違反事例は把握していない」という。

【関連記事】
生活への影響は? 神奈川県で公共施設の喫煙規制条例スタート
「けむりの行方 受動喫煙論争」(下)嗜好品規制どこまで
受動喫煙防止条例 飲食店、客離れ覚悟で決断
喫煙者限定にしたいほど…“煙たい”防止条例 
「どこで吸えば…」灰皿求め“漂流”する神奈川の喫煙者
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<事業仕分け>第2弾に新人議員も参加(毎日新聞)
麻薬密輸罪の邦人、中国が近く死刑執行と通告(読売新聞)
<与謝野元財務相>離党届を提出 新党結成へ動き活発化(毎日新聞)
住宅火災、焼け跡に2遺体=80代夫婦か-長野(時事通信)
鳩山首相と小沢氏が会談=政権運営で意見交換(時事通信)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。